ひーじゃープロレスブログ

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

【NOAH】反骨の王者拳王は清宮海斗の美しいストーリーを壊すことが出来るのか?

(出典:ノア公式)

 

9.25愛知大会にて行われるGHCヘビー級選手権。

そのカードは現王者拳王にN‐1覇者清宮海斗が挑戦するという

現在のノアの頂上決戦と言っていいカードである。

 

 

その戦いに向かう現在の流れであるが、

勢いは完全にN‐1覇者清宮海斗にあるだろう。

 

 

ノアと言えば武藤敬司の引退というものが

現在の一つの大きなテーマであるが、

それには清宮海斗が深くかかわっている。

 

 

武藤戦初勝利からの必殺技伝承、そしてN‐1優勝という

まさに王道的な時代の継承の展開が出来上がっており、

 

 

時代は武藤敬司という超スーパースターと入れ替わるようにして

明らかに清宮海斗に向かいつつあると言っていいだろう。

 

 

そしてこの流れには誰もが逆らえないかと思われたが、

そこに待ったをかけたのは反骨の王者と呼ばれる拳王である。

 

 

そんな彼が調印式で発したコメントが以下のとおりである

👇

武藤が引退すると同時に、新しいスターを生み出そうとしている会社、そしてマスコミ。いいストーリーだ。美しいよ

だけど、そんなストーリー通りに進んで刺激があるか?

俺がお前らの期待を裏切ってやる。会社の期待を裏切ってやる。おれがこの美しいストーリーを壊してやる!

俺が描くさらに輝かしいストーリーをてめえらマスコミどもそして会社にも見せてやるからな。クソヤローどもは俺について来たらいいんだよ!

(引用:東スポWeb)

 

 

まさに本音の部分をズバッと話した拳王らしいセリフだが、

はたしてそのコメント通り拳王は、

清宮海斗に傾きつつある流れを止めることができるだろうか。

 

 

またそしてもし拳王が今回のタイトルマッチで、

清宮海斗からベルトを守ることが出来れば、

 

 

次に王者が狙うのは以前コメントで残していた新日プロレスで

やらなければいけない選手ということになるのではないだろうか。

 

 

当時のコメントでは今はその時期ではないと語っていたが、

清宮相手に防衛したとなれば、その時期は熟したといっていいだろう。

 

 

ましてNOAHは10月に有明大会などのビッグマッチが控えている。

そう考えるとその目玉カードとしてこの対新日本プロレスの

闘いがラインナップされるのではないだろうか。

 

 

そしてその流れが新日本プロレスのレッスルキングダムへと

つながっていけば両団体にとってメリットがあるかと思う。

 

 

はたして拳王は自らが描くストーリーを続けることが出来るのか?

もしくは清宮海斗がそのスーパーノヴァの異名通り、

一気に時代を掴み、ノアのエースへと駆け上がるのか?

 

 

つまりこの一戦はタイトルのみならず、時代を賭けた戦いとなると

言えるのではないだろうか。

 

 

 

 


プロレスランキング

twitter.com