ひーじゃープロレスブログ

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

【プロレス】ついにKENTAがAEWのリングへ! この戦いの先には何があるのか?

f:id:yosikazukun:20210207112928p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

www.njpw.co.jp

 

現地時間2月10日(日本時間2月11日)。

ついにKENTAがAEWのリングに立つことになる。

 

 

その対戦カードはケニー・オメガとタッグを組み、

モクスリー&ランス・アーチャーと戦うという何とも刺激的なカードである。

 

 

今回戦うこの4人はタッグは組んではいるが、

基本的に共通の敵がいるだけであって、

誰もパートナーを信頼しているというわけではないだろう。

 

 

よって試合はパートナー同士の戦いも考えられる、

波乱含みにものになるはずだ。

 

 

またこの試合はフォールズカウント・エニウェアマッチで行われる予定である。

(どの場所でもフォールが可能)

このルールがさらに混沌に拍車をかけることになるだろう。

 

 

では不穏な空気が漂うこの戦いのポイントとはどこになるだろうか?

そもそもこのタッグマッチが成立した経緯は、

モクスリーとKENTAによるUS王座をめぐる抗争が発端であるかと思う。

 

 

簡単に説明するとまずモクスリーが新日本の番組である

NJPW STRONGでKENTAを襲撃し、

そして今回AEWの番組の中でモクスリーを急襲したという展開だ。

よってまずこの二人の戦いが中心となり展開されることになるだろう。

 

 

また次のポイントはバレットクラブをめぐり反目し合う

ケニーとKENTAのタッグが成立するのか?という部分であるかと思う。

 

 

現在のBCをめぐる状況をまとめてみると、先にBCのようなユニットをアメリカで

復活させたケニーたちに対し、現BCのリーダーのジェイやオリジナルメンバーである

タマ・トンガが不快感を示し、明らかに対立している状況である。

 

 

そしてそのような状況下で、現在BCで重要なポジションにいるKENTAが

AEWに乗り込んだわけである。その際のケニーとのやりとりで明らかにケニーに対し

KENTAは拒絶の反応をしたわけだが、そんな中このカードが正式に組まれてしまった。

 

 

状況だけを見ると明らかにこのタッグは空中分解が予想されるが、

はたしてこのケニーとKENTAという危険すぎるタッグの先には

何が起こりえるのだろうか。

 

 

おそらくこのタッグマッチは出場している4人だけでは

おさまらず他のさまざまなレスラーが登場するはずである。

 

 

それが他のELITEのメンバーなのか、もしくはアンギャロの二人なのか、

もしくは現在のBCのメンバーなのかは予想はつかないが、

今後の展開につながる何かが起きるのは間違いないかと思われる。

 

 

そしてそのころ時期を同じくして日本で行われる新日本のビッグマッチでも

この戦いに関係する動きがきっとあるはずだ。

 

 

おそらくこのBCをめぐる展開は太平洋をまたいだ日本とアメリカで

同時進行しながら進んでいくということだろう。

 

 

それはつまり新日本だけにはとどまらない壮大なスケールのストーリーを

これから我々ファンが見ることが出来るということである。

 

 

先日のKENTAの乱入劇に続き、

今回のタッグマッチは本格開戦へと向かう重要な一戦となるだろう。

 

 

何が起こるのかわからないこの危険なタッグマッチ、

新日本プロレスファンも注目の一戦であることは間違いない。

はたしてこの戦いの先には何が待ち受けているだろうか。

 

 

 


プロレスランキング

 

twitter.com