ひーじゃープロレスブログ

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

【AEW✖新日本プロレス】ジェイ・ホワイトのAEW参戦で今後のバレットクラブはどうなるのか?

 

先日のAEWダイナマイトに登場し、その後AEWとの契約が発表された

”SWITCH BLADE”ジェイ・ホワイト。

 

 

すでに新日本プロレスワールドでのその模様は視聴可能なので

皆さんもぜひご覧いただければと思う。

 

 

この日のジェイ・ホワイトはジュース・ロビンソンの試合に

乱入という形で登場したわけだが、テーマソングやその出で立ちなどは

バレットクラブのリーダーであった時のままであった。

 

 

しかしそのコスチュームにはバレットクラブのロゴはなく、

すでに発売されているジェイの商品にもロゴはないのだが、

ジェイのツイートにはこのようなことが書かれていた。

👇

 

Bullet Club Black ‘n Gold.

明確にバレットクラブと書いているということは、

ジェイ・ホワイトは今後もバレットクラブであり続けるということだろう。

 

 

しかしそうなると問題になりそうなのは現在のバレットクラブ、

つまりデビッド・フィンレーとの関係というところだろう。

 

 

ご存知の通りフィンレーはルーザーリーブNJPWマッチで敗れた

ジェイ・ホワイトを襲撃し、NJCシリーズでバレットクラブ入りし、

自身では5代目のリーダーを名乗っている。

 

 

またこの日ジェイと合流したジュース・ロビンソンとも

以前はフィンジュースとしてタッグを組み、IWGPタッグ王座も戴冠したが、

ジュースのバレットクラブ入りにより喧嘩別れという形で終わっている。

 

 

そんな3人が現状を見る限り同じユニットに属していることになるが、

このまま何もなく展開が進んでいくということはないだろう。

 

 

またこの3人には共通点があり、ヤングライオンとして野毛道場で

研鑽を積んだ間柄である。

そう考えると感慨深いものがあるが、彼らはどこで交わることになるのだろうか。

 

 

その可能性があるのは、まずはバレットクラブ結成10周年となる

5月のレスリングどんたくではないだろうか。

 

 

その場合問題となるのは新日本プロレスを追放されたということになっている

ジェイが登場していいのか?というところだが、

 

 

あれはあくまで新日本プロレス所属としてのジェイ・ホワイトということであれば、

AEW所属になった今は帳消しになったとして登場してもおかしくないだろう。

 

 

そしてそこでフィンレーと遭遇し、禁断の扉へとつながる展開ができれば、

プロレスファンとしても大いに楽しむことが出来そうだ。

 

 

はたしてこんごジェイ・ホワイトはAEWで何を見せてくれるのか?

そして今後のバレットクラブはいったいどのように進んでいくのか?

引き続き注目しておく必要があるだろう。

 

 

 

 


プロレスランキング

twitter.com