ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

新日本プロレス THE NEW BEGINNINNG 札幌2連戦最終日

f:id:yosikazukun:20200125094458j:plain

 

今回は札幌2連戦最終日について書いていこうと思うが、それに先立ち、

前回の記事もごらんいただければ幸いだ。

 (前回記事はコチラ)

www.hi-jyapw.com

 

 さて札幌2連戦の最終日と言えば、昨年は以下のようなカードが組まれていた。

タイトルマッチだけでIWGPジュニアタッグ選手権、IWGPタッグ選手権、

そしてIC選手権のラインナップであった。。

 

それと比較すると今年はブリティッシュヘビー級のタイトルマッチのみである。

もちろんスペシャルマッチとして、オカダカズチカ対タイチのシングルマッチ、

各カードの前哨戦などはあるが前年と比較すると寂しいイメージがするのは事実だ。

 

もしこのマッチメイクで2日目も昨年並みの動員があれば本当にスゴイと思う。

そうなれば前日も含めほぼタイトルマッチなしで1万人以上を動員するということになるからだ。

もし両日とも満員マークがつけば、新日本プロレスの動員力は恐るべしと言えるだろう

 

 聖帝対レインメーカー 戦いの先に何かが見えるのか

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

札幌2連戦2日目のメインは、オカダカズチカ対タイチのSPシングルマッチである。

カードが組まれた経緯としては、1.6での試合が発端となった。

 

以下の写真を見ていただければわかるが、

タイチがオカダにアイアンフィンガーをお見舞いしたのだ。

 

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

そして試合後このようなコメントを残した。

 

オカダ、俺は知ってるぜ。2日やった誰よりも、ボロボロに疲れ果ててるよ。

ボロボロだったな。何やっても首を押さえてよ。今がチャンスだな。

オカダよ、あんなボロボロになってビッグチャンスだ。

簡単に勝てそうだな、今のお前だったらな。おいしいよ。

ムカつくだろ、こんなことされて? お前が横綱だったら、俺は何だ? 幕内か? 

ムカつくだろ、お前から見たら。チャンスだよ。潰してやる。お前を狙ってやるよ。

優しいだろ? ヘトヘトになった、ボロボロになったお前を俺が狙ってやるよ。

昨日の内藤、メインイベントの時にあんなことをしなくたってよ、おめえは前王者。

リマッチ権があんだろ、オカダにも。それを俺が力づくで奪ってやるよ。

俺はあんな卑怯なマネはしないよ。悔しいだろ? 俺みたいな雑魚にやられて。

相手してやるよ、ボロボロのお前をな。

(引用:新日本プロレス公式)

 

以上のような経緯があり今回のシングルマッチが決定したわけだ。

ご存知の方も多いと思うが、この二人のシングルマッチは、

オカダの新日本デビュー戦以来12年ぶりのことである。

 

その間でオカダカズチカは新日本の頂点、

いや日本プロレス界の頂点に君臨する存在へと飛躍した。

タイチにとってはおいしすぎる相手になったわけである。

 

普通に考えるとオカダ有利は明白だが、タイチにとっては2冠戦線への参入、

そして内藤哲也へのリベンジに向け、負けられない戦いであるので、

どんな手を使っても勝ちに来るはずである。

 

ではこのシングルマッチの先に、今後につながる何かがあるのかという所を考えると、


語弊はあるがオカダにとっては、勝利しても大きなメリットはないだろう。


オカダにとっては勝って当然の一戦であるからだ。

 

あるとすればそれは格下と思われている、もしくは思わせているタイチである。


 上のインタビューでもあるように、オカダを横綱、自身を幕内と揶揄している。

 

タイチからしてみれば前IWGPヘビー級王者からの勝利。

これは相撲で言うところの金星である。


もし金星が現実となれば先々の展開に向け、それは大きな勲章となるだろう。

 

何かが起こる札幌決戦。それを巻き起こすのはやはりタイチなのだろうか?


タイトルマッチではないが、見逃せない一戦であろう。

 (以下関連記事)

www.hi-jyapw.com

 

 

そしてこの札幌決戦が終われば、大阪城ホールへと新日本プロレスは進んでいく。

大阪城ホールの結果次第で、上半期の大まかな展開も見えてくるだろう。

 

その後は通年であれば、ドミニオン、G1へと続くわけだが、

今年はオリンピックもあり秋へG1は移行されることになった。

 

まだ発表されていない夏のシリーズは?、来年のドームは?など

気になる部分も多く残されている。

そのあたりは次回以降の記事で書いていこうと思う。

 

まずはその前に今週末の札幌決戦を楽しもう。

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

 

twitter.com