ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

新日本プロレス THE NEW BEGINNINNG 札幌2連戦初日

f:id:yosikazukun:20200125094458j:plain

 

何かが起こる札幌2連戦 初日

 

 (出典:新日本プロレス公式)

 

前回の記事では大阪城ホール大会で開催される2冠王座戦をメインに書いたので、

今回は札幌2連戦初日をメインに進めていこうと思う。

 

毎年何かが起こると言われており、実際にも多くの出来事があった札幌決戦。

今回はどのようなドラマが起こるのだろうか。

 

 メインはNEVER無差別級タイトルマッチ

 

 

 以下の記事にも書かせていただいたNEVER王座が今回のメインイベントに選ばれた。

6000人規模の会場ということを考えればなかなかのチャレンジであると思う。

 

www.hi-jyapw.com

 

去年の札幌2連戦、初日のカードを調べてみるとタイトルマッチは組まれておらず、

各タイトルの前哨戦が中心であった。といってもかなり豪華なカードばかりだが。

 

そして去年の動員数は発表によると5000人弱である。

今回のNEVER王座戦でそれ以上の動員を集め、さらにファンを納得させることが

出来れば、また新日本プロレスはステージが上がったと言えるだろう。

 

簡単に5000人というが他団体であれば、年間最大のビッグマッチクラスである。

その会場をNEVER王座戦メインでほぼ埋めるであろう新日本プロレス。

まさに恐るべしだ。カードを確認しそんなことを感じた次第だ。

 

話は逸れたがNEVER王座戦へ戻そうと思う。

 

現チャンピオンはWK14でKENTAを倒し5度目の王座に返り咲いた後藤洋央紀だ。

NEVERに愛されているのか、

それともNEVER止まりと言えるのかは正直微妙なところではある。

 

その王座に今回挑むのは鷹木信悟である。記憶に間違いがなければ新日本に参戦後、

ヘビーのシングルのベルトに挑戦するのは初めてであるはずだ。

THE DRAGONの気合は最高に高まっていることだろう。

 

これは想像でしかないが多くのファンの気持ちは信悟にここでタイトルを奪還し

NEVERの価値を上げて欲しいと思っているのでないだろうか。

 

同列に考えていいのかはわからないが、自身は信悟がDG時代に団体最高峰のベルトを

輝かせていたことを知っているので、王者になることをかなり楽しみにしている。

さあ、NEVERのベルトはどちらの男を選択するのだろうか。

 

セミファイナルは闇の王とSTONE PITBULL の決着戦

各タイトルの前哨戦を押しのけ、今大会のセミを務めるのは、

EVILと石井智弘のスペシャルシングルマッチである。

 

このビッグマッチでセミに選ばれたという意味を考えれば、

このカードは何か以降へ続く含みがあるのではないだろうか。

順当に考えれば同日に行われるNEVERへの展開が見えてくる。

 

セミ、メインともロスインゴが勝利すれば、

NEVERにも新しい景色が生まれる可能性がある。

信悟とEVILで争うというロスインゴファンにはたまらない戦いが実現するかもしれない

 

昨年シングルで足踏み状態であったEVILにとってこの一戦は負けられない戦いである。

因縁の相手ともいえる石井智弘に勝利し、復活の光を灯して欲しいところである。

 

 

世界のスーパースターとレインメーカーの邂逅

上に邂逅と書いたが、その意味は『思いがけなく会うこと』とある。

まさにMOXとオカダカズチカのドリームタッグはその通りと言えるだろう。

 

元WWEのスーパースターと新日本プロレスの元絶対王者がタッグを組むとは

誰が想像できただろうか。

 

2人がどのように入場してくるのか?そして二人が並び立つ姿はどのようなものか?

想像するだけでもワクワクするのは、まさにスーパースターの証しだろう。

 

それぞれの戦いの前哨戦ではあるが、

それらを抜きにしてもこのドリームタッグは必見であるということだ。

 

ということで今回は札幌2連戦初日について書いてみた。

タイトルマッチは一つだけであるが、やはり見どころはたくさんありそうである。

 

次回の記事では札幌2連戦2日目について書いていこうと思う。

そちらも読んでいただければ幸いだ。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

 

twitter.com