ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

1.4 IWGPヘビー級とインターコンチネンタルのタイトルマッチを考える

世間に届くわかりやすいプロレス。

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

間もなくWK14が行われる。

その初日のメインはもちろんIWGPヘビー級選手権だ。

 

チャンピオン オカダカズチカ 対 挑戦者 飯伏幸太。

レインメーカー対ゴールデンスターという、まさにヒーロー同士の頂上決戦である。

 

前回の対戦であるG1では、飯伏がオカダを破りそのままG1優勝へと駆け上がった。

オカダにとってはそのリベンジマッチとなる今回の対戦はどのような展開となるのか

を考えて見ようと思う。

 

オカダがワールドにて公開中のインタビューでも語っているように、

二人の戦いは初めてプロレスを見る方、そしてライト層の方でも、

楽しさや凄さがわかりやすい戦いとなることだろう。

 

投げる、蹴る、飛ぶなどが中心に構成され、動きが大きい展開となるはずだ。

その戦いはプロレスの陽の部分を体現した戦いともいえるのではないだろうか。

 

その他のポイントとなりそうなところは、飯伏幸太が俗に言う、

『キレた』状態になるのかどうかであろう。

これもお互いのインタビューで示唆しているところでもある。

 

ともに通常モードで戦えば、オカダに分があることは否めないところだろう。

しかし飯伏が自分でも制御できないとされる狂気の部分を全開にすれば、

戦いの行方は予測できないものとなるはずだ。

 

もしかすると狂気のゴールデンスターに対し、

狂気のレインメーカーが見れるかもしれない。

 

いまだ見たことがないこの姿を引き出せば、

この戦いはドームのメインにふさわしいモノとなるのではないだろうか。

ヒーローたちの狂気が覚醒する姿をぜひこの目で見たいと思う。

 

至極の心理戦

 

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

続いてはセミファイナルのIC選手権。

 

チャンピオン ジェイ・ホワイト 対 挑戦者 内藤哲也。

このSwitchBladeと制御不能なカリスマの一戦は、

メインと趣が違い、ダークヒーロー同士の戦いである。

 

メインの二人が陽であるなら、

この二人は対照的に陰という要素が強いと言えるだろう。

 

またこの二人は共通点も多いと思うが、

二人の根底にあるのはジェラシーというモノではないだろうか。

 

そのジェラシーとは何かと言えば、内藤哲也は先を行く3人に対して、

そしてジェイは自分の実績を正当に評価しないファンや会社に対して、

これらこそが二人の源ではないかと思う。

 

また言葉を巧みに使い、心理戦を仕掛けるところもよく似ていると言える。

 

本人は認めないだろうが、ジェイはきっと時代の寵児となった内藤哲也を、

エプロンサイドから見つめていたYL時代のことを忘れていない。

 

そしてその時見ていたことを、今オマージュしているのではないかと思う。

二人が合わせ鏡のようであることはある意味必然であるということだ。

またファイトスタイルも受けをベースとし、緩急を使い攻める二人である。

 

一見すると派手さがない攻防となるので、こちらは初見の方には、

わかりにくいプロレスとなる可能性があるだろう。

このあたりもメインの試合とは対照的であるということだ。

 

つまりこの2試合は、プロレスの光と影、わかりやすさと奥深さなどを

体現する戦いとなるはずだ。

そしてその戦いは世界最高峰の戦いにふさわしいものになるであろう。

 

オールオアナッシングの戦いまであと2日だ!

 

公式サイト 飯伏幸太 インタビュー

【無料更新!】「まだ誰も見たことのない、“狂気”の先の飯伏幸太をお見せしますよ!」IWGPヘビー初戴冠、2冠へ向けてゴールデン☆スターが不気味な予告!【WK14C】 | 新日本プロレスリング

 

公式サイト ジェイ・ホワイト インタビュー

【無料公開!】「今回こそ逆転の内藤哲也を見せてみろ! オカダは虚像のヒーロー。真のMVPはこの俺だ!」IC王者・ジェイが“次期挑戦者”、“IWGPヘビー級王者”を挑発三昧!【WK14C】 | 新日本プロレスリング

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。


人気ブログランキング

twitter.com