ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

WTL ここまでのできごと

序盤戦を見て気づいたこと。

 

シリーズ画像

(出典 新日本プロレス公式)

星取表

 

タイチ曰く、小さくて見えねえ!かもしれないが、

11.18後楽園大会終了後のWTL星取表が上の図である。

 

複数以上リーグ戦を消化した中での全勝は、すでに石井・ヨシハシ組だけと

早くも混戦模様の様相を呈している。

 

1チーム、15試合の長丁場のリーグ戦のため、最後までもつれることは必至である。

まだまだ序盤戦、今後の展開は何があってもおかしくはないだろう。

 

では今回はこれまでのWTLを見て、気づいたことなどを書いていこうと思う。

始まるまでは常に賛否両論あるが、始まってみれば結局盛り上がるWTL。

それは出場選手のプロとしてのプライドからくるものであろうか。

 

矢野&カバナ

当初の予想通り、各会場を沸かせている矢野・カバナ組。

今回も早速、現チャンピオンチームから金星を挙げたことは皆さんもご存知であろう。

では、このチームが今後挑戦するかと言われれば100%挑戦しないだろう。

 

今年のG1、矢野通は当時のチャンピオンを食いまくった。

だが挑戦の機運は全く本人からも、相手からも高まらなかった。

そうこれこそが矢野通なのである。

 

だから今回もどこに勝とうがこれっきりということになるだろう。

 

カバナも矢野通のファイトスタイルに寄せつつ、自分の持ち味を存分に発揮している。

下手な外国人選手を呼ぶよりも、よほど観客を沸かせてくれるはずだ。

 

世界中からオファーが絶えないとのことだが、ぜひ継続参戦して欲しい選手である。

決め技、スーパーマンはまさに必見である。

(出典:新日本プロレス公式)

 

鈴木軍

昨日の記事にも書いたが、WTLの鈴木軍の戦いは最高であると言えよう。

 (その記事はこちら)

www.hi-jyapw.com

今回は、みのる・ランス組とタイチ・ザック組がエントリーとなっているが、

両チームとも普通に戦えば、圧倒的な力を見せつけることになるはずだ。

 

丸め込みなどでそれぞれ黒星はついているが、

本人たちは気にもしていないだろう。

 これからも鈴木軍の流儀である、目の前のやつをぶっ潰す!のみである。

 

そしてしつこいようだが、先日の鈴木軍対決は最高であった。

大事なことだから、もう一度言おうと思う。

 

11.17後楽園の2チームの闘い、見ていない方はかなり損をしている。

必ず見て欲しいと思う。

 

正直、今後の展開などの絡みもあるのでこの2チームから優勝が出るかはわからない。

しかし今年はドーム2連戦。

初日にシングル、2日目にタッグのタイトルマッチもなくはない。

それに期待したいと思っている。

 

もしくは同点で並んで最終戦に優勝決定戦でもう1回なんてことがあれば最高である。

 

KENTAと#HIRO

#シリーズ第2弾。TOMOの次はHIROということになりそうだ。
ここは語呂的に#TONOの方が良かったと思うが。

 

話を戻すとこれは11.3大阪で起こった、KENTAと後藤洋央紀の因縁である。

かいつまんで整理すると、

 

タイトルマッチにKENTAが乱入し、後藤敗れる。

後藤、KENTAに激怒。

WTL公式戦で両軍が対決し、後藤がKENTAに勝利。

翌日、後藤の試合後KENTAが乱入しKO。

 

というような流れである。

 

これでまず間違いなくNEVERのタイトルマッチが組まれるであろう。

 

しかし後藤洋央紀は

NEVER

スランプ

修行

プッシュされる

プッシュ終わる

NEVERへ戻る

 

このループを繰り返していると感じるのは自分だけだろうか?

この無限ループから脱却しない限り、浮上の目はないかもしれない。

このループの中にいるから後藤洋央紀なのかもしれないが・・。

 

最後に少し脱線してしまったが、もちろん他にも注目チームはたくさんある。

そのあたりのことは次の機会に書きたいと思う。

皆さんも推しのチームを作って、追いかけてみてはいかがだろうか?

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

WTLまだまだ続きます!

 


人気ブログランキング

 

twitter.com