ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

ブシロード スターダム買収

ブシロード 女子プロレス団体を買収!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

新日本の親会社ブシロード 女子プロのスターダム買収「2年で売上3倍の6億に」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

新日本プロレスとは、

現在のところすぐの交流は

無さそうですが、


親会社であるブシロードが、

女子プロレス界のトップ団体である


スターダムを買収というニュースが

先日発表となりました。

 

まさに青天の霹靂というか、

関係者以外誰も予想していなかった

ニュースではないでしょうか。

 

僕の勝手な推測となりますが、

この買収劇の目的は何か?


また今後、業界の盟主であり、

同じ傘下となった

新日本プロレスとの交流があるのか?

 

そのあたりを考えて行こうと思います。

 

木谷オーナーの狙い

すでに各所で書かれている、

今回のスターダム買収劇。


我々ファン側には驚きの事実として

伝えられましたが、

 

木谷オーナーにとっては、

ブシロードをさらに発展させる上での


戦略の一つに過ぎないのかも

しれません。

 

昨今の格闘技界、

またプロレス界の中で

女子選手の戦いは、


特にアメリカなどにおいて

大きなウェートを

占めるようになっています。

 

そこで木谷オーナーは

2年ほど前から、調査を始め

取り入れようとしていたようです。

 

プロレスはコンテンツビジネス

ということを言っておられるので、


男子だけではなく、

 女子も獲得しようとすることは、


ビジネス的にも当然であると

いうことでしょう。

 

そこにマーケットがあるなら、

これまでなかった顧客層を


取り入れるという事は、

至極当然と言えるかもしれません。

 

また買収したということは、

ビジネスとしても

伸び代を感じたということですから、

 

今後のスターダムの動きは、

他の女子プロレス団体とは

違うステージになるような気がします。

 

まさにブシロード傘下以降、

1強となった新日本プロレスの

ようになるかもしれません。

 

すでに新日本の時も行ったような、

露出の拡大を始めると

記事にはありました。

 

もしかすると、その流れの中で、

新日本のイベント、または

合同イベントなどが、

実施されるかもしれません。

 

これは普段見に来られない層のお客様と

接触するチャンスですから、


ファン層の拡大としては

大きなチャンスと

言えるのではないでしょうか。

 

辣腕でなる木谷オーナーの

活躍に期待したいと思います。

 

新日本プロレスファンの感情

 

今回の買収でさかんに

取沙汰されているのは、


スターダムの選手が、

新日本マットに上がるのか?

という所です。

 

古くからのファン層、

そしてここ最近のファン層、


両方の層の皆さんも

基本は上がるべきではない


と思っていることは

間違いないかと思います。

 

また木谷オーナー自身も、

近々で交流することはないと

おっしゃっています。

 

そこはプロレス界ですので、

この先何があるかはわかりませんが、

直近は無いと言い切れるでしょう。

 

しかしながら、早くて次のドーム、

もしくは来年度の興行においては

そうとも言い切れないかと思います。

 

会社視点で考えると、例えば

 

ドームのチケットの

売れ行きが芳しくない


海外の興行でもっと

新日本プロレスを広めたい

 

などの事があると、

間口を大きくするために


女子プロレスを投入することは

十分に考えられるのでは

ないでしょうか?

 

投入と言っても

最初は混合マッチではなく、


スターダム提供という

女子選手同士の戦いで

あるかと思います。

 

スターダムの今の売上は2億円(ちなみに新日本の今季売上は54億)


という事ですから、

一定数のお客様は確保

しているということ

がうかがえます。

 

またほぼ毎月後楽園大会を

開催、集客できるという事ですから、


実際に会場に足を運んでくれるお客様も多くおられるということです。

 

つまり減少傾向にある

日本のマーケットにおいては

貴重な存在であるといえるでしょう。

 

また海外において、

女子選手のニーズは日本以上に

高いといえるような気がします。

 

アメリカの主要団体においては、

男子、女子両方の選手が


出場することは、普通の事ですし、

お客様にも抵抗感が無いかと思います。

 

そこで女子選手が出場することにより、

会場の来客数やそこからつながる


ワールド有料会員も

増えるかもしれません。

 

最初に男女が同じ大会で出場するのは、

海外大会になるのではないでしょうか?

 

 

最後に新日本ファンの、新日レスラー

以外上がってほしくないという感情は、


『この景色以外を見たくない』

ということかと思います。

 

僕の意見としては、

そこまでこだわりもなく、


そして一定のニーズがあるなら

いいのではないかと思ってます。

 

最初は違和感があるでしょうが、

案外馴染んでしまえば


それも解消されるのでは

ないでしょうか?

 

ブシロード、また新日本プロレスが

どのようなジャッジを

下すか注目ですね。

 

では今回も最後まで

ありがとうございました。


良かったら、以下のどちらかをポチッとお願いいたします!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング