ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

10.14両国大会 結果考察 その2 

時代は動かず。打ち砕かれたEVILの夢とSANADAの涙

(出典:新日本プロレス公式)

 

前回の記事で、

セミ前までを振り返りました。

 

今回は残りのセミ、メインについて

書いていこうと思います。

 (前回の記事はコチラ↓)

www.hi-jyapw.com

 

結論から言うと、

権利証、IWGPヘビーとも

防衛と言う形に終わりました。

 

結局あの勢いのあった

ロスインゴの二人でも

時代を変えることは出来ませんでした。

 

見えない壁はまだまだ高いという事に

なるのかもしれません。

 

でもまだ若い二人ですので、

きっとチャンスは

これからも巡ってくるはずです。

 

その時こそ、EVIL、SANADA時代を

見せて欲しいと思います。

 

1.4東京ドーム メイン決定!

 

前述の通り、ベルト、権利証を

保持していた両者が

 

タイトルを守りましたので、

これで1.4ドームのメインは

決定となりました。

 

しかし両者の思いは対極にあり、

オカダはあくまでIWGPヘビーこそが

最高のベルトと言い、

 

飯伏幸太はあくまで

2冠王を狙っています。

 

今年の東京ドームのメイン、

棚橋弘至とケニーオメガの間でも、

 

イデオロギー闘争が

あったことは記憶にあるかと思います。

 

今回も形を変えたイデオロギー闘争が

あるという事が言えるかもしれません。

 

オカダの言い分はこうです。

 

『金メダルがあるのに、

銀メダルはいらない』

『IWGPヘビーはそんなに軽くない』

『オカダカズチカもそんなに軽くない』

 

オカダが言うとすべてが、

正論に聞こえます。

 

これまでの実績を見れば、

文句は誰も言えませんよね。

 

他方、飯伏幸太の言い分はこうです。

 

『あくまで2冠を狙う』

『いつまでもあなたじゃ面白くない』

 

あくまで史上初の同時載冠、

2冠王を目指す。

 

そのステップの為に、

IWGPは絶対必要と言っています。

 

いつまでも・・・と言う部分は、

新しいものを求めるのが

ファンですから、

 

誰しもがどこかに

持っていると思います。

 

二人の神から認められ、

プロレス界を背負えると評された、

 

飯伏幸太の時代は

やって来るのでしょうか?

 

そして1.5ドームへと

夢をつなぐことは出来るのでしょうか。

 

夢破れた二人

このメイン、セミで敗れたのは、

くしくもロスインゴの二人でした。

 

結果、前哨戦の後楽園でEVILが叫んだ、

ドームのメインでのSANADAとの

タイトルマッチも夢と消えました。

 

またしても大一番で勝てなかった二人。

その悔しさは、

あのSANADAが流した涙が

全てを物語っていると言えるでしょう。

 

これにて、ユニットとしても

ロスインゴは全員がタイトル戦線から

遠く離れることになっています。

 

僕自身は基本的に

ロスインゴファンですので、

この状況はなんとも言えないですね。

 

一時タイトル保持する事は

あるのですが

 

不遇という言葉が

似合ってしまっています。

 

このダブルドームは

ロスインゴが主役と

 

思っていたのですが、

現在は本当にマズイ展開です。

 

つまり最悪の状態という事ですが、

そこから内藤選手を

筆頭としたメンバーは

 

それぞれどのような

復活の道を描いているのでしょうか?

 

内藤選手は両国で

道が少し見えたとは言っていますが、

 

それも本当に端っこが

見えているだけでしょう。

 

他のメンバーはまだ

何も見えていないように感じます。

 

ファンとしては、

この状況を書けば書くほど、

歯がゆさを感じてしまいます。

 

これはもう願うしかないですが、

次のビッグマッチ、

 

大阪では全メンバーの巻き返しと共に、

今度こそヒロムの復帰を

待ち望んでいます。

 

この大阪大会がドームへとつながる、

最後の道になるはずですから・・・。

 

 

 という事で両国大会の

振り返りは以上となります。

 

今回はアクシデントも

多々ありましたが、

 

結果的に素晴らしい興行で

あったと感じました。

 

それこそが新日本プロレスの、

そしてプロレス自体の底力で

あるかと思います!

 

 では今回も最後まで

ありがとうございました。

 

良かったらこちら

ポチッとお願いいたします!

 


人気ブログランキング


人気ブログランキング