ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

10.14両国大会 結果考察 その1

おわりとはじまり

シリーズ画像

(出典:新日本プロレス公式)

 

≪はじめに≫

 

まずは台風が直撃した中、

両国大会が開催となったことは、


新日本プロレス関係者の

皆様のご尽力の賜物かと思います。

 

また道場の浸水などの被害もあり、

本来なら中止もやむを得ない


ところかと思いますが、

メイ社長をはじめとする関係者の皆様の

プロ意識は尊敬に値します。


誠にありがとうございます。

 

フライト都合に伴う、

試合順、選手の変更もありましたが、


提供されたものを楽しむのが

プロレスファンであると思います。

 

堅い話からとなりましたが、

これだけは書きたくて、

始めに書かせていただきました。

 

ではこれからは、

昨日行われました

激動の両国大会について

書いていきたいと思います。

 

内藤哲也とタイチ

序盤から鈴木軍は

反則多めの戦いでしたが、


そのままの流れで、

タイチは反則負けを選びました。

 

まさかの共闘かという

展開も考えられましたが、


やはりこの二人は

闘う運命にあるようです。

 

この試合自体の勝者は内藤選手ですが

タイチも幻の3カウントを

とっています。

 

そして試合後のマイクで、

『お前が出来なかった事を

俺がやってやる!』と宣言。

 

つまりこれはタイチも

2冠を目指すという事で

間違いないでしょう。

 

この闘いの決戦の舞台は大阪か?

そして勝者はやはり

ICに向かうという事なのか?

 

テーマを失っていた二人に、

2冠への新たな道の一端が

見えたような気がします。

 

そして内藤哲也の試合後の不敵な笑みは

バックステージコメントにもありますが


それを証明しているのでは

ないでしょうか。

 

恩讐を超えて

 

鈴木みのるはずるい!

そしてライガーもずるい!

 

鈴木みのるなりの

ケジメのつけ方と言うのは


あの一礼にすべてが

凝縮されていたと思います。

 

解説陣の皆さんも

泣いていたとのことですが、


二人を身近に見ていたのなら

より思いは深いものがあるでしょうね。

 

バトルライガーでの登場。


介錯となった

ゴッチ式パイルドライバー。


そして試合後のみのるの一礼と

ライガーのありがとうの言葉。

 

この恩讐を超えた物語のエンディングに

ふさわしいモノであったと思いました。

 

ありがとう!みのる

ありがとう!ライガー

 

それ以上の言葉はありません。

 

これぞジュニアの頂点

 上の見出しにもありますが、

これぞジュニアの最高峰という

闘いであったのではないでしょうか?

 

もちろんELP(バレットクラブ)の

ダーティーな部分もありましたが、


それも試合全体の

良いスパイスになっていたと思います。

 

5メートルのプランチャーを筆頭とする、

想像を絶する空中戦と切り返しの連続。


全てがパッケージとして

最高であったと感じました。

 

勝者はオスプレイではありましたが、

ELPも負けたとはいえ、

勝者と言っていいでしょう。


また見てみたいカードであることは

いうまでもありません。

 

余談ですが、ヒロムの登場を

期待していたのですが、

ここでの登場はありませんでした。

 

ヒロムの思う最高の

タイミングでの復活を

ファンとして待ち続けます!

 

強すぎるランス、そしてまさかのフィンレー登場!

 

強い。

形容詞としてそれ以外の

表現方法が見当たりません。

 

モクスリーの欠場により、

急遽決定したUSヘビー決定戦ですが、

終わってみればランスの圧勝でした。

 

ランスはシングルベルト初載冠ですが、

納得していないファンは

皆無と言っていいでしょう。

 

それほどの説得力で

あったということです。


今後のタイトルマッチも

楽しみでしかありません。

 

そして試合後、

欠場中であったフィンレーの登場。

これをもって復帰ということでしょう。

 

そして次のUSヘビーの

チャレンジャー候補

ということかもですね。

 

復帰の際はジュースと

離れるのかと思っていたのですが、

そういうことは今の所無さそうです。


二人でタッグ戦線も

面白いかも知れませんね。

 

セミ、メインの権利証、

IWGPヘビーに関しては、


それのみで次の記事に

書きたいと思います。

 

最後にいろいろなハプニングの中、

素晴らしい戦いを

見せてくれたレスラーの皆様に感謝!!

 

では今回も最後まで

ありがとうございました。

良かったらポチッとお願いいたします!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング