ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

人間 オカダカズチカが垣間見えた

絶対王者の素顔

オカダ・カズチカ 

(出典:新日本プロレス公式)

 

オカダカズチカ

第57、59、63、65、69代 

IWGPヘビー級チャンピオン

最多連続防衛回数 12回

プロレス大賞 3回

年間ベストバウト 5年連続受賞

 

など、数々の記録を持つ絶対王者。

リング上では全く隙が

見えることはありません。

 

そんなオカダ選手の

ドキュメンタリーを見ましたので、


そちらの感想を

書いてみようと思います。

 

GETSPORTS完全版 誰も知らないオカダ・カズチカ G1クライマックス密着40日|スポーツ|テレ朝チャンネル

 

正直なことを言いますと、

オカダ選手には


強すぎる故かあまり

惹かれることがなく、

 

当ブログでも

チャンピオンながら、


取り上げることが

ほとんどありませんでした。

 

上手くは言えませんが、

弱みが見えなさ過ぎて、


感情移入できない

という感じでしょうか。

 

ですので、その対比として、

僕は感情が垣間見える

内藤選手に惹かれたのかもしれません。

 

しかしながら今回の番組で、

レインメーカーの素顔が

垣間見えました。

 

今年のG1はヒザのケガとの戦いであった。

今回の放送で

初めて知ったのですが、


オカダ選手は

今回のG1でヒザのケガを

押しての出場であったということです。

 

全大会をワールドなどで

観戦したはずですが、


僕の目からはそんなことは

全く感じませんでした。


これこそが完全無欠と

言われる所以でしょうか。

 

また放送の中で、

『休む選択肢はないのか?』

と尋ねられると、

 

即答で、

『ないですね』

と答えていました。

 

その日、見に来てくれるお客様を

がっかりさせたくない

ということです。

 

これは図らずしも、内藤選手と

全く同じ答えです。

 

全くの好対照な二人ですが、

トップレスラーとしての想いは、

共通であるということでしょう。

 

そんな二人が、新日本を

牽引しているわけですから、

今の人気も当然と言えるのかも入れません。

 

 

レインメーカーの素顔

 

オカダカズチカの素顔

という部分では、普段はいたって


素直な普通の好青年だな

という印象です。

 

オフ中にもかかわらず、

サインにも気さくに

応じていましたし、

 

人の意見を、

素直に聞ける一面も

見ることができました。

 

そういうところが彼を、

猛スピードでトップまで押し上げた

大きな理由かもしれませんね。

 

 またオカダ選手は今後の目標として、

プロレスをもっと知ってもらいたい

という発言もありました。

 

そして自分がその一つのきっかけに

なればという思いが強くあるようです。

 

ですから、そのトップである俺は、

強いだけではなく、

かっこよくなければいけないと。


これこそが

トップレスラーの矜持ですね。

 

全てのレスラーが

こんな思いを持っていると、


僕が大好きなプロレスが、

もっともっと

世間にも広がるような気がします。

 

最後に一番印象的な言葉。

『なぜこんなキツイことをやるの?』

という問いかけに対する答え。

 

『プロレスが大好きとしか言いようがないっすね!』

 

まとめ

界隈では2冠と騒がしいですが、

現IWGPヘビーのチャンピオンは

オカダカズチカです。

 

僕は両国で移動するかなと

思っているのですが、


もしオカダが勝ったとなると、

 この2冠の流れは、


このチャンピオンの

一言で決定的になるのかもしれません。

 

『1.5のドームで、

ダブルタイトルマッチ

やってやるよ!』

 

そんな声を聞きたいような、

聞きたくないような

微妙な心境です。

 

これからもカネの雨が

降らし続けことができるのか?

両国大会まで、あと9日・・・。

 

では今回もご覧いただき

ありがとうございました。


良かったらどちらか

ポチッと押してもらえると

嬉しい限りです!

 


人気ブログランキング


人気ブログランキング