ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

LOS INGOBERNABLES de JAPON 最高の未来

 メンバーが輝く最高の未来とは?

新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

 

新日本プロレスが誇る、人気ユニット

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

現在は内藤哲也がインターコンチのベルトを

保持していますが、

 

その他のメンバーは、ベルトもなく、

決して良いポジションをキープしているとは

言えない状況です。

 

そこで、これからこうなれば、

メンバーが輝くであろう未来を、

想像全開で書いていこうと思います。

 

本当になれば、ロスインゴファンは、

間違いなく、大興奮することになるでしょう。

 

ヒロムの復帰

 

昨年より長期欠場が続いている、高橋ヒロム。

 ここ最近はやっと復帰近し!

というニュアンスの情報が

出てくるようになってきています。

 

最新のスマホサイト日誌でも、

復帰の際のおねだりをしているので、

 

もう少しすれば、ヒロムの姿を本当に

見ることが出来るかもしれません。

 

では、ヒロムにとって復帰にふさわしい舞台とは?

そして、復帰後の青写真とは?

 

ドームでのタイトルマッチを狙うなら、

遅くても間もなく復帰することが、

時間的にもベターかと考えられます。

 

そうなれば、やはり復帰の舞台となるのは

Jrヘビーのタイトルマッチが行われるあの場所。

10月の両国国技館ではないでしょうか?

 

タイトルマッチの後に登場するであろう、

1000%のヒロムを楽しみにしておきましょう。

内藤哲也・SANADA・EVIL

 

最高の未来をつくるために欠かせない、

ヒロムの復帰が決まったとします。

 

そこで各メンバーが描く、最高の未来とは

どのようなことが考えられるでしょうか??

(ここからは完全に想像の世界となります。)

 

まずはリーダーの内藤哲也。

内藤選手の最高の未来とは、ドーム2連戦が終わった時に

史上初のIWGPヘビー、ICの2冠王に輝いていることでしょう。

 

それには、神戸でのジェイとの一戦を

まずクリアしなければなりません。

(前哨戦の二人の絡み、楽しすぎる。)

 

そして、そこをクリアして、

さらに会社にダブルタイトルマッチを

認めさせなければいけません。

 

さらに、さらに1.4でIC防衛、

そして1.5でも勝たなければいけません。

 

とまあ、かなりのハードルがあるわけですが、

ここ1.2年の我慢を一気に晴らしてくれるでしょう!!

 

そしてドームで念願のハポン締めで大合唱です!

 

続いてはSANADA。

彼の最大の目標はオカダから、IWGPヘビーの

タイトルを奪取することにあると思います。

 

SANADAは新日本参戦後、その他のシングルタイトルに

挑戦すらしたことがなく、オカダと同様

王道の系譜を進んでいます。

 

ここまで順調ではなかったかもしれませんが、

ここ最近のオーラ感は半端ありません。

その勢いで10月の両国でタイトルを奪ってくれるはずです。

 

そしてEVIL。

ここ最近ではメンバーの中で、最も勝ち運から

遠ざかっていると言っても、過言ではありません。

 

肝心なタイトルマッチやシングルマッチで、

必ずといっていいほど結果が出ていない現状です。

 

そんなEVILですが、先日の後楽園でこう発言しました。

『俺が狙っているのは、IWGPヘビーだ!』

そうです。EVILが狙っているのは頂点のベルトのみです。

 

その為に今EVILが出来ることは、この後組まれるであろう、

飯伏選手との権利証マッチに勝利することです。

 

そうすればIWGPヘビーの挑戦権のみならず、

1.4のメインの座も獲得できます。

もう勝つしかありませんね。

 

そこで叫びましょう!『すべてEVILだ!』と。

(魔法陣と鎌を光らせて。)

 

これが全て現実となると、

1.4 メイン IWGPヘビー級選手権

(チャンピオン)SANADA 対 (挑戦者) EVIL

 

1.5 メイン IWGPヘビー級・IC ダブルタイトルマッチ

(IWGP王者)SANADA OR EVIL 対 (IC王者)内藤哲也

となります。

 

これはマジで見たくなってきますね!

 

鷹木信悟・ヒロム・BUSHI

 ではもう少し続きます。

 

信悟の今の目標は『シングルのベルトを獲得する』ことです。

 

これはコメントで会社に、

『後藤に勝ったら、その舞台を用意しろ』

と発言していることからもわかります。

 

そこで信悟が狙うベルトとは?

 

普通に考えれば、NEVERとなりますが、

KENTAとの因縁をどう作っていくのか?

 

また同門の内藤哲也に噛みつくのか?

(G1では負けたけど、

浜口ジムを入れれば100勝2敗やからとかで?)

 

はたまた意表を突いたUSヘビーなのか?

たしかにモクスリ―とはドラゲー時代に因縁があります。

 

でも新日の中でもかなり『和』に寄っている信悟ですが、

あえての挑戦もあるかもしれません。

 

でもこうやって書いていると

やっぱりNEVERかな。

 

神戸で後藤選手に勝って、ドームまでには

勲章を手にしてほしいですね。

 

そうなれば、僕を含めたドラゲー時代からの

ファンも感慨深いところです。

 

そして最後はジュニア勢ですね。

復帰(したと仮定)直後のヒロム。

そしてしばらく個人では結果の出ていないBUSHI。

 

そんな二人には両国が終わると、

うってつけのシリーズが始まります。

そうJrタッグのシリーズですね。

 

いずれシングル王座に挑むであろう

ヒロムの試運転も兼ねた

絶好のシリーズかと思います。

 

まずはここをサクッと優勝して、

バレットクラブかバーズオブプレイが持つ、

タッグのベルトをいただいちゃいましょう。

 

この二人のMIXバージョンのテーマ曲、

めっちゃカッコいいので大好きですし。

(あと、ハーフマスクも好きです。)

 

と長くなりましたが、全員の理想の未来を

考えて見ました。

 

ご覧の皆さんも応援している

ユニットや選手がいるかと思います。

 

こんな感じで理想の未来を考えると

大いに楽しめますよ!ぜひ!

(そんなことを書いている記事はこちら⇩)

www.hi-jyapw.com

 ではではよかったらポチッとしてやってください!

 


人気ブログランキング