ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

内藤哲也の発言の真意とは??

カリスマは権利までも狙うのか?

 

 

 

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

9月5日後楽園ホール大会

メインで勝利を飾った後、


内藤選手がマイクアピールを

行いました。

 

その発言とは以下のようなモノでした。

 

新日本に聞きたい。Wタイトルマッチを

やるのか、やらないのか??

早急に答えを!

 

もしやらないなら、

IC王者のまま俺は権利証を狙う

 

なぜ、このような発言を

お客様の前でしたのか?

その真意を考えて見たいと思います。

 

まず今のWタイトルマッチを

めぐる状況は

このような感じになっています。

 

内藤哲也

今年のドームで、ICを保持しながら、IWGPヘビー級を狙うと宣言。

現ICチャンピオン。

 

飯伏幸太

G1優勝後の会見で、

1.4ドームでIWGPヘビー級に挑戦。

1.5ドームでIC王者に挑戦すると宣言。

 

ジェイ・ホワイト

9.22神戸でIC王座に挑戦。

その前哨戦アメリカ大会にて、

内藤選手同様に2冠王を狙うと宣言。

 

現在のヘビー級トップ3名が

2冠王を狙うという

過去、例のない様相を見せています。

 

内藤選手はこの機運の高まりを、

敏感にかぎ取り

自身が発言することで

 

Wタイトルマッチ実施という、

既成事実を早々に作り、


よりドームまでの展開を盛り上げたかったのではないのでしょうか?

 

このあたりの行動は、

やはり新日本随一の

トップセールスマンと言えますね。

 

おそらくこの流れで、

Wタイトルマッチは

決定の方向に進むのではないか

と思います。

 

しかし気になるのは、それだけではなく権利証のことも口にしたことです。

 

上のWタイトルマッチの件に関して、

発言することは、ファンの皆様も、

予想の範疇であったかと思いますが、

この権利証の発言は全く予想をしていませんでした。

 

Wタイトルマッチをしない時の話と

していますが、

何もなければこのようなことは、

言わないような気がします。

 

これも内藤選手一流の謎かけと

いうことでしょうか??

 

『ファンの皆様、俺の発言を

どう受け取りましたか?

答えが何なのか、皆様お考え下さい』

 

こんな風に問いかけられているように僕は感じました。

 

これについての真意はいったい

どこにあるのか?


発言を間に受けると、

次のタイトルマッチで防衛し、

かつ、どこかで権利証保持者に

挑戦しなければなりません。

 

9.16鹿児島大会の権利証マッチの

結果を見て動くのか?

 

また飯伏選手に今一度的を絞り、

挑発を始めるのか?

 

もしくは今後行われるであろう、

イービルの権利証マッチの後を

狙っているのか?

 

バックステージのコメントなどを

見てみると、

 

ユニット全員が、高みを目指すのは、

いつも言うように大歓迎である。

と発言しています。


もっと言うとそれを求めているようにも受け取れます。

 

であれば、もし権利証をかけて

戦うのであれば、

その理想の相手はやはり

イービルなのでしょう。

 

SANADAがトップへ抜け出そうと

している今、

口には出さないでしょうが、

 

イービルをもっと

引き上げてあげたい気持ちが

内藤選手にはあるのでは

ないでしょうか?

 

今回の発言からこんなことを

思った次第です。

 

まずはWタイトルマッチの答えを、

新日本プロレス様、

ノートランキーロでお願いします!

 

そして、イービルのプッシュも

できれば、ノートランキーロで!

 

ど、今回はここまでです。

ではではよかったらポチッとしてやってください!

 


プロレスランキング