ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

Super J-cupとその後のジュニアの展望

夏のジュニアの覇者は?

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

いよいよ始まった、J-Cup。

結果は上図をご確認ください。

(放送はまだですが、結果は公式HPなどで確認できます。)

 

1回戦の勝ち上がりをみてみると、まずまず順当ではないかと思います。

 

その中でSHOが石森選手に勝ったことは、ちょっとしたサプライズですね。

次はオスプレイ戦ですが、信悟との戦いで見せたような姿を、

是非見せて欲しいと思います。

 

2回戦以降はまだ時差の関係で、結果も判明していません。

その結果予想やその後の展開について、今回は書いていこうと思います。

 

勝ち上がったメンバーを見てみると、決勝戦はやはり

オスプレイvsドラゴン・リーとなりそうな気がします。

そして優勝はドラゴン・リーとなるのではないでしょうか。

 

G1があったこともあり、かなり前に感じてしまいますが、

つい2か月前、オスプレイはスーパージュニアを優勝し、

そして、ドラゴン・リーからベルトを奪取しました。

 

今回はそのリベンジをドラゴン・リーが果たし、

次期シリーズでタイトルマッチが組まれることとなるのではと思います。

 

僕としては、ヒロムが帰ってくるまではドラゴン・リーが、

ベルトを保持しているのではないかと思っていたのですが、

 

ドミニオンでオスプレイがベルトを奪取したので、

これはどういう意味があるのかと思っていました。

 

その後G1に出場することになりましたので、

G1に出場する上でチャンピオンという、箔付けが必要であった

ということと思っています。

 

そのG1も終わりましたので、今回もし僕の予想通りとなり、

タイトルマッチが組まれるのであれば、

ドラゴン・リーが有利なのではと考えています。

 

では、その舞台はどこになるのでしょうか?

次期シリーズのビッグマッチは、

別府、鹿児島、神戸・・・・。

 

そう、これは別府大会しかないですね!!

 

昨日の記事にも書いたのですが、

内藤選手が昨年の大会で、

ロスインゴフルメンバーでの登場を約束しています。

(その記事はこちら⇩)

www.hi-jyapw.com

 

ここからは想像で進めていきます。

 

別府大会(メインかどうかはわかりません)

 IWGPジュニアヘビー級選手権は激闘の末、

ドラゴン・リーが、オスプレイに勝利し、ベルトを獲り返すことに成功。

 

そこに聞きなれた、しかし少しの間、

聞くことがなかったあのテーマソングが流れてきます。

 

『TIME BOMB』

もちろん観客の皆さんは大歓声です。

 

そして花道をみると、両腕にダリルとナオルを抱えたヒロムが。

 f:id:yosikazukun:20190825115025j:plain

(出典:新日本プロレス公式)

 

そしてゆっくりとドラゴン・リーのもとへ歩いていきます。

 

ヒロム『ドラゴン・リー!、ドラゴン・リー!長い間待たせたね。

俺とまた遊ぼうよ!』

 

ドラゴン・リーはその姿を見て、言葉にならない感情が生まれているはずです。

そして対戦の約束をファンの皆さんの前で行うことでしょう。

 

次の別府大会で、こんな事が起きればいいなと想像し書いてみました。

 

もし本当にそうなれば、ドラゴン・リーにとっても、

これでやっと1年前のことが、自身の中でも清算されるのではないでしょうか。

 

と今回はここまでです。

 

G1の間、少し存在が薄れていたジュニアヘビーですが、

世界最高峰と言われるこの戦いを再び僕たちファンに届けてくれることでしょう。

 

ではではよかったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ