ひーじゃープロレス日記

プロレスのこと、そこから学んだことなど、思いつくままに書いてます。

~LIJの明暗とエースの想い~ G1 Aブロック2日目  結果考察 

今、エースは何を思う?

昨日、Aブロックの2日目が行われました。

ということで、今回はその結果を考察していきたいと思います。

 

ランス〇ーファレ✖

とりあえず二人ともデカかった!

それは画面を通しても、充分に伝わってきました。

 

ランスはファレ相手にも、ロープ渡りを披露し、

その後に雪崩式ブレンバスター(スーパープレックス)

まで決めちゃいました。

(レフェリーが思いきりバウンドしてましたね。)

 

ファレもグラネードを出すなど、良いところまで行ったのですが、

結局EBDクローでランスの勝ち!となりました。

これでランスは勝ち点4となり、ダークホースになりそうな予感です。

 

G1後、何かのタイトル戦線にぜひ絡んで欲しい充実っぷりです。

まさに全員が『everybody die!』となりそうです。

 

SANADA✖ーオスプレイ〇

LIJの暗の方、まさかのサナダの敗戦です。

ここでの負けは予想外でした。

 

オスpが勝って、何かにつながるとはあまり思えないので、

サナダの扱いの悪さを少し感じてしまいましたね。

 

でもこの先、何かにつながることを期待したいほど、

試合自体は好勝負でした。

 

サナダにとっては、ザックと真逆と言っていいタイプ、

かつ初シングルということですが、スイングしていましたね。

 

やはり『サナダは天才』と言われる所以でしょう。

もちろんオスPも同じタイプなので、

これから何回も見たいカードであります。

 

終了間際のサナカッターが決まってればどうなってたかな~。

と思いますが、それは次回以降の楽しみにしておきましょう。

サナダはパクリ(オマージュ)の天才でもありますしね。

 

オカダ〇ーザック✖

オカダ選手が2勝~目!(高音♪)をあげました。

結構あっさりと勝ったなという印象ですね。

 

ここで負けて、イギリス大会につなげるのかな~と

うっすら思っていたのですが、そのストーリーはないようです。

これでザックはタイトル戦線からは少し離れそうな感じです。

 

オカダ選手は2敗あたりで、

予選敗退かなと思っているのですが、

誰に負けんのかな~と考えると、

イビサナの二人であれば、秋以降面白いかなと思います。

 

特にイービルには2年前のG1大阪大会の再現を期待してます!

 

飯伏✖ーイービル〇

ファン予想では、勝ち抜けの大本命である飯伏選手が連敗スタートなりました。

また僕の本命であるイービルは、何とか難敵を下し、勝ち点2を獲得しました。

 

長らくシングルでいいところがなかったイービルですが、

昨日は飯伏というトップどころに勝ち、久々にLIJの『明』となりました。

 

結構長くイービル自身が闇の世界に入っていたんで、

ファンとしてホッとしています。

 

これで最終戦前の星取で、

2~3敗あたりでオカダ、サナダ、イービル、飯伏、KENTA

が混戦となりそうな気配がプンプンします。

 

そうなれば飯伏選手はそれまで、もう負けることが出来ませんので、

少々厳しい戦いとなりそうです。

 

足のけがを理由に脱落するストーリーもありそうですが、

最終戦を消化試合にはしないと思うので、勝ち続けるような気がします。

 

まあ、自分に目がなくてもオカダに勝って、決定戦進出を阻むということも

無くはなさそうではありますが。

これはもう少し進んでみないとわかりませんね。

 

あと願望込みですが、イービルは今後負けるとしても、盟友のサナダだけにして、

最終戦まで僕の希望をつないで欲しいと切に願っています!

 

棚橋✖ーKENTA〇

あまり当たって欲しくなかった予想ですが、KENTA選手が勝利しました。

また飯伏戦で、ファンから色々言われていましたが、

昨日の戦いに限っては高評価を得て、信頼を少し獲得したように思います。

(タナの受けが上手かったとも言えますが。)

 会社としてはどうやらKENTA選手を台風の目として考えていそうですね。

 

そして方や、連敗スタートとなったエースですが、

今、何を思い、感じているのでしょうか?

www.hi-jyapw.com

 上の記事にも書いていますが、本当に全敗、または大きく負け越すことも

現実的になってきたのかなと感じています。

そうなると、今回が最後のG1となるかもしれませんが、

これから復活し、その空気を払拭することはできるのでしょうか??

 

棚橋選手自身は、

『もう終わりかな・・』という思いと

『まだいける!』という思いの狭間に揺れていると思います。

しかし本当の想いは棚橋選手自身しかわかりません。

 

さて今後、僕たちが目にするのは、

落日のエースなのか、それとも復活のエースなのか、

その答えは後楽園までトランキーロにしておきましょう。

 

と、今日はここまでです。

最後までありがとうございました。

 

本日も札幌大会が行われます。

大会を締めるのは、ハポンの大合唱なのか、それともタイチの高笑いなのかの

答えももう少しトランキーロですね。

 

良かったらポチッとお願いいたします!