ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

G1開幕戦 in Dallas

勝つには勝ったが・・・

『HEIWA Presents G1 CLIMAX 29』の特設サイトがオープンしました!

(出典:新日本プロレス公式)

 

www.hi-jyapw.com

 

日本時間の本日早朝より、いよいよG1が始まりました!

早速その感想などを、僕目線で書いてみたいと思います。

(上の記事で予想してますので、良かったらのぞいてください。)

 

ランスーオスプレイ

ランスがとりあえずカッコよかったです。

髪型を変えて、スター感が増したように感じました。

やはり地元での開幕ということで、相当気合が入ってたのでしょう。

 

試合もランスの規格外の大きさやパワー等がふんだんに見られ、

良くかみ合っていたように感じました。

(ロープ渡りまでありました。)

それを引き出し、また受け止めたオスプレイもスゴイですね。

 

最後はブラックアウトかな~と思っていたのですが、

テキサスということもあり、EBDクロー(アイアンクロー)で、

決めましたね。

 

ブロック突破までは、両者とも難しいと思いますが、

台風の目になりそうな二人でした。

 

イービルーファレ

僕のAブロック本命、イービルの初戦です!

結果から先に言うと、負けちゃいました・・・。

 

僕の予想では白星スタートのはずでしたので。

進出者は初戦負けるジンクスを期待するしかありません。

 

試合はアメリカのお客様も結構湧いていましたので、

まずまず噛み合ったと思うのですが、

 

最後は急所からのバッドラック・フォールでの敗北。

反則絡みで負けたのが、救いといえば救いですかね・・・。

これからのイービルの巻き返しに期待するしかありません!

 

SANADAーザック

今大会のベストバウトでしょう。

戦前SANADAは、アメリカのお客様に二人の攻防が受け入れられるか

心配していましたが、まったくの杞憂に終わりました。

 

むしろ二人の攻防に大盛り上がりでありました。

これはSANADA、ザックともアメリカのファンにも

認められているということでしょう。

 

二人の攻防は回数を重ねるほど、グレードが上がっている気がします。

この戦いは何回でも見たくなるカードに成長しましたね。

まさに現代の名勝負数え歌と言えるでしょう。

 

飯伏ーKENTA

すでにネット界隈でも、多くの声はあがっていますが、

僕もその通りに感じました。

(どのような声かは、皆様試合を見てご判断ください。)

 

結果は大方の予想通りKENTAが勝ちました。

試合とは関係ないですが、僕が感じたことは、

初見の選手を相手をすることは、飯伏選手には向いていないということです。

 

鳴り物入りで入ってきたという選手ですから、

その選手のいいところを引き出さないといけませんが、

飯伏選手は、その点においては不向きであったのかなと思いました。

 

アメリカ大会、初戦ということで、箔をつける意味もあり、

飯伏選手との試合を組んだと思いますが、

結果だけ見ると、もう少し受けに強い選手の方が良かったと感じました。

 

KENTA選手は試合には勝ったのですが、

ファンに対して大きなハンデを背負ったような気がします。

また身体の仕上がりも完全ではなかったですね。

 

オカダー棚橋

これは順当ですね。

タナは、結局エースであるがゆえに変化しきれない(できない)

ということが、今日のハイフライフローで見えたような気がします。

 

あとはオカダが誰に負けるのか、

またタナは誰になら勝つのかというところが、

 

今後のストーリーにつながるはずですので、

注目していきたいと思います。

 

では、初日の感想はここまでです。

星取表を貼っておきますので、何かの参考にしてくださいませ。

 

良かったらポチッとお願いいたします!

(出典:新日本プロレス公式)

 

 面白いブログ発見したので、張り付けておきます!

飯伏幸太の思考(完璧妄想) | 日々たわいもないこと